自動車保険の仕組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車保険の更新は、ほとんどの人が1年更新で契約していると思います。

保険の更新時に、特に契約内容を買えることなく
毎年同じ保険内容で更新している人がほとんどです。

最近では、ネット保険など様々な保険の種類があり、
いろいろな特徴を持った、独自の自動車保険も登場しています。

インターネットで検索してみると、自動車保険の比較サイトがいろいろあります。

また、比較サイトを利用することで、ポイント付与制度などもあるようですので、
どうせ保険に入るならと、お得なポイントが付くサービスを選ぶ方も増えているようです。

今の契約内容で、問題ないという方は、もちろんそのまま継続して良いと思います。

ただ、自動車保険を比較する場合、どの視点から
保証内容を比較するかが重要になってきます。

無事故の場合なら、1年毎に等級も上がり、保険料の割引率も高くなるのが
自動車保険では一般的です。

保険会社を変更した場合でも、以前の等級が引き継がれますので、
保険会社の変更は、意外と簡単にできるのが現状です。

保険内容が同じであれば、安い保険料が選ぶ方が大半だと思います。

自動車保険の保険料を決めるには、契約者に事故歴がないか?
契約者以外に運転する人がいる場合などによって、保険料が決まります。

保険料は、10代から20代の若者の方が高くなっています。
その理由は、事故率は高いことです。

事故歴がない人の場合には、これからの事故率も低いと考えられ
ゴールド免許の場合には、ゴールド免許割引などもあります。

自動車保険業界では、過去に起こした事故データが
共有sれていて、保険会社を変えた場合でも、事故歴の引き継がされているのです。

このため、、自動車保険を選ぶ場合は、同じ条件での保険料を比較するだけで良いと思います。

付帯保険として、緊急時の駆けつけサービスは付いている方がいいと思います。
事故を起こした場合には、すぐに事故の対応をサポートしてもらえれば安心できますしね。

自分のカーライフにあった保険がかならずあると思いますので
色々な自動車保険を比較検討してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*